案内

中倫「光明の旅」公益プロジェクト

中倫「光明の旅」公益プロジェクト

WHOの統計によると、全世界で5秒に1人の失明者が出て、毎分1人の児童が失明しており、盲人の90%は発展途上国に所在します。中国では、毎年約45万人が失明し、2000万人に視覚障害が出ています。これは、ほぼ毎日毎分毎に1人の盲人が生じていることを意味します。

 

光明は、どこでも最高の贈り物となります。他人に光明を与える事業は、私たちの生命を輝かせることになります。より多くの人が光明を獲得し、その生活が色彩に溢れたものとなるよう、「中倫公益基金」は「遼寧愛之光防盲基金会」(全国で唯一専門的に失明防止・失明治療を行う公益組織)と提携し、「中倫光明の旅公益プロジェクト」を立上げ、眼病スクリーニング、眼科保健知識の普及、基層眼科医療スタッフの研修、眼科機構診療能力の向上等の作業を共同で行い、貧しい患者に光明をもたらし、貧困眼病患者の見える権利を保障し、失明防止公益事業に共同で注力しています。

WHOの統計によると、全世界で5秒に1人の失明者が出て、毎分1人の児童が失明しており、盲人の90%は発展途上国に所在します。中国では、毎年約45万人が失明し、2000万人に視覚障害が出ています。これは、ほぼ毎日毎分毎に1人の盲人が生じていることを意味します。

 

光明は、どこでも最高の贈り物となります。他人に光明を与える事業は、私たちの生命を輝かせることになります。より多くの人が光明を獲得し、その生活が色彩に溢れたものとなるよう、「中倫公益基金」は「遼寧愛之光防盲基金会」(全国で唯一専門的に失明防止・失明治療を行う公益組織)と提携し、「中倫光明の旅公益プロジェクト」を立上げ、眼病スクリーニング、眼科保健知識の普及、基層眼科医療スタッフの研修、眼科機構診療能力の向上等の作業を共同で行い、貧しい患者に光明をもたらし、貧困眼病患者の見える権利を保障し、失明防止公益事業に共同で注力しています。