案内

コンプライアンス/政府監督管理

専門分野

コンプライアンス/政府監督管理

近年、世界各国政府はコンプライアンス及び汚職防止に関する法的規制を強めており、罰金額や正式調査の案件数が大幅に増加しております。アメリカ証券取引委員会(SEC)及び司法省(DOJ)等、外国政府機関による他国(特に、多国籍企業の中国などの新興国市場における海外子会社)の汚職行為及び証券詐欺案件に対する関心は日増しに高くなっております。 

 

また、工商行政管理部門(SAIC)、国家食品薬品監督管理部門(CFDA)等の中国の政府機関も食品、薬品、医療器機、表示等についての商業賄賂防止や法的監督を以前より強化しております。 

 

当所は、豊富な実務経験を有する弁護士により、コンプライアンス及び汚職防止グループを組織した、この分野のリーディングファームです。 

サービス範囲

  • 多国籍企業等の工商行政管理部門等の中国政府機関管轄による汚職防止案件への対応 

  • 多国籍企業等の工商行政管理部門、食品薬品監督管理部門等の中国政府機関管轄による食品、薬品、医療器機、表示等についての通報、申立て、調査及び規定違反の管理監督案件への対応 

  • 海外顧問弁護士と連携した、多国籍企業等のSEC、DOJ等の海外政府機関による汚職防止及び証券詐欺に関する調査の対応、応訴。 

  • 多国籍企業等のコンプライアンス、汚職防止策の構築、レビュー 

  • 会社役員、管理職、会計担当者、人事担当者等への法的アドバイス、研修サービスの提供 

  • 多国籍企業等が自社又はビジネスパートナーに対して行う調査に協力し、それら企業の中国子会社等に関連する潜在的問題、汚職防止関連法等の規制に関する問題、コンプライアンス上の問題についての独立調査や訪問相談サービス 

  • 多国籍企業等従業員の文書、メールに関するコンプライアンス上の適法審査サービスの提供 

  • 多国籍企業の各種取引等のスキーム構築への適法性に関する法的アドバイスの提供 

  • 多国籍企業の規則違反従業員との紛争処理の代理 

  • その他、中国の汚職防止及び適法性に関する法律、実務に関する個別案件のご相談